古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  三重県  >  名張市 >  塚本古墳群

塚本古墳群

三重県名張市 2001年3月訪問

円墳30基(横穴石室主体、殆どで石材が抜かれている)
弥生の環濠集落のあとに構築される

10号
位置:34°38′05″N 136°06′14″E

石室が僅かに残る、01年発掘


15号
玄室、床面に仕切り石がある


(見学記)

名張川に面する小高い丘の上に立地する30基から成る古墳群です。市道工事でうち2基を発掘、周溝を伴う円墳で横穴式石室ですが石材は殆ど抜かれています。他の古墳も大半が石材を抜かれ石室が見えるのがわずかです。発掘地域内で弥生時代後期の環濠が発見され高地性集落とも思われますが溝が最大で幅2.3m、深さ1.5mと小さく、防御用といえるかどうか担当者の方も首をひねっていました。
[ 2013年01月31日 23:26 ] カテゴリ:名張市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR