朝日山古墳群

三重県津市(旧安濃町)2008年3月訪問

4支群18基、現存14基ほど

分布図(説明板より)


A1号
横穴式石室
位置:34°46′22″N 136°25′09″E

良好に残る墳丘


開口部


玄室、奥壁


奥から外、片袖式、床面にもかなり土砂が堆積


A2号
石材が散乱、奥にも3,4号があるがはっきりしない


B3号
横穴式石室
位置:34°46′20″N 136°25′11″E

天井部が露出


石材も抜かれている模様


内部、側壁がせり出している


C1号
崩壊した石室


背後から


C2号
横穴式石室
位置:34°46′16″N 136°25′06″E

斜面下から見上げた墳丘


羨道部はかなり破壊


開口部


羨道、袖石がなくまぐさ石が目立つ


やや持ち送りのある玄室


奥壁、中段に最大の石を積んでいる


奥から外、片袖式


急斜面の割のよく残る墳丘


C3号
僅かに石材が見えるのみ


D2号
横穴式石室
石室正面


まぐさ石が1枚残るだけ


D3号
盗掘ですっかり破壊


D4号
墳丘は割と良好


D5号
横穴式石室
墳丘


隙間からカメラを突っ込んで撮影、奥の玄室は残っているようだ


D6号
横穴式石室
位置:34°46′15″N 136°25′09″E

墳丘、右側に開口部


石室正面、右手前の石は後世のかな


開口部


入り口から中


乱石積みの玄室


〃(ストロボ)


奥壁


奥から外、片袖式


(見学記)

大名塚から西に行って県道28号を北に200m程行くと経が峯登山者用駐車場がありそこに案内表示があります。案内板から150m(実際は50m程度)行くと古墳群説明板があり分布図も載っています。古墳群は4支群からなっている(説明板ではかっては18基有ったが現在は18基しか残ってないと訳の分からないことが書かれている。分布図から見ると現存14基のようだ)。説明板の背後にあるのがD支群の6基、ほぼ直線状に並んでいて東端の6号で玄室が完存、片袖式あまり持ち送りがなく側壁奥壁とも乱石積みです。他にD2号で天井石が1枚残ったかなり破壊された石室が露出、5号で僅かな隙間からカメラを突っ込んで撮影すると石室が残っているようです。1、4号は墳丘は割と残っているが主体部不明。ここから山側に少し登るとC群の3基があるが1,3号は石室が大きく破壊、2号で玄室が完存しています。D6とほぼ同様の構造だが奥壁の石材がやや大きめ、おかしな事に奥壁中段に一番大きな石材が積まれています。A群はここから上の方だと登っていったが登れども登れども古墳が見あたらない。前日のユガミ谷古墳群の失敗が頭によぎる。そんなに離れているわけではないのでさすがに間違えたと思って分布図の所まで引き返してよく見たらまるで方向違い麓近くの平坦面でした。あらためてA群めがけて前進、でもこちらは道が全くなく墳丘が見えるまでは心配で1号が見えたときはホッとした。1号は墳丘石室とも良好羨道がやや埋まって狭いですが玄室完存、ここも他と似たような構造で石材が若干大粒になっている感じです。内部は真っ暗で撮影しようとしたら上からカマドウマが雨のように降ってきた(汗)。頭の上でぴょんぴょん飛び跳ねるのを感じながら撮影続行、まーゲジゲジでなくてよかったけどね。背後に2.4号が並んでいますが石材が僅かに露出する程度ではっきり分からない状態です。B群は3号だけ残存、こちらは東側を通る県道から行った方が楽。玄室天井部分が露出、一部は玄室内に落下しているようで側壁も傾き状態はあまりよくないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR