不明古墳群

鳥取県北栄町(旧北条町)1997年4月訪問

山頂南側で偶然遭遇した発掘現場(番号は仮称)

1号


2号


遠望、頂きに構築しているのが分かる


3号
箱式石棺


 〃


住居跡?、右奥が3号


5号
方形墳


6号


7号


墳丘上に重機の跡があって遺跡は消滅していると思われる

(見学記)

この辺りで古墳群は終わりだなと思っているとさらに南側丘の高所に表土がはがされ赤土の露出した発掘現場とおぼしき場所が見つかりました。かなり広い発掘現場にも関わらず,古墳の周溝が一つと半分検出されているだけで素人目にも他には遺構らしき物は全く見あたらずこれははずしたなと思っていると,さらに谷を隔てた西側にも同じくらいの発掘現場があってそこには7基程連なった古墳の周溝(OR周溝墓)が検出されていました。このうち一番南側の1基で小型の箱式石棺が発掘されています。この石材や構造が前記の箱式石棺と同じでこれを見て前記の箱式石棺が本物だと思った次第です。他にも住居跡が幾つか検出されています。標高が100m程(比高もそれ位)の所ですから高地性集落なんだろうか?。なお発掘が終わったのでしょうか周溝の一部がブルドーザーの轍で壊されていました。あまり見たくない光景です。土下古墳群は前方後円墳が六基有るという情報だけで来てみました。肝心の前方後円墳は2基しか見つかりませんでしたが,思わぬ副産物がたっぷりあって満足満足。ここだけで丸1日費やしてしまいました。これだから有名でない古墳(あえて無名とは言いません)の探索もやめられません。なおこの北側に茶臼山という独立丘陵があってここにも前方後円墳3基を含む50基程の古墳群がありますが麓をぐるっと一周してみたけれど登る道が全く判らず断念。むしろこちらの方を期待していたんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR