市脇古墳群

和歌山県橋本市 2008年3月訪問

現存7基

1号
横穴式石室、玄室長2.8,幅1.5,高1.5m
位置:34°18′50″N 135°36′02″E

石室正面、僅かな隙間があるだけ


羨道は崩壊


結晶片岩小口積みの石室


2号
低い崖状になっている場所に石室開口


左側壁


背の高い玄室


奥壁は巨大な一枚石+平石、手前に少し傾けている


1枚石の天井石


奥から外


(見学記)

橋本市市脇、相賀神社裏山にある古墳群で国道24号に神社の案内表示があります。神社西側に市脇古墳群の石柱があり右上方に1号があります。羨道崩壊玄室は残っているけど隙間からカメラを突っ込んで撮影する程度、結晶片岩小口積みで側壁もかなり持ち送りがあるようです。石室前に柵があるけど目印程度にしか役にたってないような。ここから50m程西に行くと左手低い崖際に小さな墳丘が見えています。これが2号、下に降りてみると上からは想像もできないような背の高い石室が開口しています。高さは3m程で見上げるほどの大きさ、側壁は結晶片岩小口積み、奥壁はほぼ1枚石の巨石に平石2枚積み重ねています。よく見ると内側にやや傾けている。岩橋型の伝統であると同時にこの方が力学的に安定するんでしょうね。前部が破壊されているのが残念。市史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR