古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  徳島県  >  美馬市 >  段の塚穴

段の塚穴

徳島県美馬市(旧美馬町)2002年5月訪問、2007年3月再訪

2基あわせた史跡名称

太鼓塚古墳
円墳、R37,H10、7C前半
横穴式石室、全長13.1m、玄室長4.8,幅3.4,高4.25m
位置:34°03′23″N 134°04′39″E

吉野川を見下ろす段丘上に立地、左が太鼓塚、右が棚塚


石室入り口


羨道、外に向かってやや開く


玄門


段の塚穴型玄室、背が高く側壁は平石積み、奥が広がる羽子板型の平面型、奥壁中段の石がやや突き出ている、その上の石は大きく内傾している


玄室上部


狭い玄室天井


奥から外、両袖式、まぐさ石の上も大きく内傾している


棚塚古墳
円墳、R20,H7、7C前半
横穴式石室、全長8.65m、玄室長4.5,幅1.9,高2.8m
石棚
位置:太鼓塚すぐ西側

石室正面


羨道


玄室、奥壁に石棚がある、石棚以外基本的に太鼓塚と同じ構造


薄い石棚、中央がやや窪んでいる


玄室合成写真


玄室天井、画面右が入り口側、奥が広がっている


奥から外、両袖式、やはり上部の石が大きく内傾


(見学記)

徳島県に来て真っ先に訪問したのがここ。古墳のすぐ下を通る県道12号に案内表示があったのでバイクを止めて階段を登っていくと何のことはない、すぐ側に駐車場があった。2基並んだ墳丘の大きい方が太鼓塚古墳、南側に開口する石室前に立つと吉野川の広い河原が一望できます。石室には柵があるが常に開きっぱなしの状態、羨道からしてかなり大きく立ったままで中に入れます。玄室は背が非常に高く側壁が平石積みなど同じ中央構造線にある和歌山の岩橋千塚古墳群とよく似ています。石材が同じだと構造まで似て来るんだろうか。ただ奥壁やまぐさ石の上部が大きく内傾していて玄室断面が家形をしているのが大きく異なっています。西隣の棚塚もほぼ似たような構造、こちらは奥壁に石棚がついています。それにしても板状の巨石を持ち送りしながら内側に大きく傾けていく構造には驚かされました。何とも珍しい構造と思っていたら近くの石室も殆ど同じような構造をしていた。地図などには段の塚穴と載っていますがこれは2基をあわせた史跡名勝です。国史跡。
[ 2013年02月03日 13:05 ] カテゴリ:美馬市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR