古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  大阪府  >  河南町 >  加納古墳群

加納古墳群

大阪府河南町 1998年3月訪問、2002年3月再訪

6C後半からの横穴式石室墳

全景


1号
石室下部しか残っていない


玄室、床面に礫が敷かれている、幾つか区画があるようだ


石室背後から


2号
位置:34°29′16″N 135°38′56″E

斜面をカットした墳丘、発掘前はすっかり埋っていた


石室開口部、以前は天井石先端が僅かに露出していた


石室正面、墳丘右手が大きく削平されている


玄室


玄室床面、細かな礫が敷かれている、大きな石は区画か棺台か


発掘前(98年)崖面に天井石が僅かに突き出ていた


〃内部


5号
石室正面、排水溝が先端まで残っている


排水溝上から、暗渠でなく溝になっている


6号
玄室奥下部しか残っていない、遠方に2号


(見学記)

シシヨツカ古墳の西側にある古墳群で一緒に発掘されていました。現地説明会の時はここは入ることが出来なかったようですが今日は全く自由、重ねてラッキー(^^)v。一応7号まであるようですがあったのは4基のみ。横穴式石室を主体とする古墳群で一応7号まであるようですが見ることが出来たのは4基のみ。墳丘石室が残っているのは2号だけで他は石室下部のみ残存、状態は悪いですが5号墳で排水溝がはっきり残っているのが印象的でした。2号は以前アカハゲ古墳を探しに来たとき見つけました。この時は崖面に天井石が僅かに突出ている程度で内部も埋没していてただのゴミ穴かなと思ってましたがこれ程立派な石室だったとはね。床面には丁寧に礫が敷かれています。1,5号でもそうですがこれがこの古墳群の特徴でしょうか。
[ 2013年02月05日 16:20 ] カテゴリ:河南町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR