古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  大阪府 >  平尾山千塚古墳群

平尾山千塚古墳群

大阪府柏原市 2001年4月訪問

総数約250基、1km四方に渡って分布
(67支群2号、安堂6支群3号を除いて番号は仮称)

安堂6支群3号
円墳、7C末
横穴式石室
位置:34°34′19″N 135°38′26″E

石室正面、住宅街の公園内に移築保存


石室上から、奥壁側壁の一部しか残っていない、玄室床面に凝灰岩切石が敷かれている


67支群2号
横口式石槨墳、7C前半
位置:34°34′34″N 135°38′50″E

石室正面、石室がすっかり露出、巨大な天井石が今にも落下しそう


横口式石槨、蓋石をはめ込む溝がついている


2号
位置:34°34′40″N 135°38′56″E

露出した石室天井石、手前が奥壁側、山道脇でわかりやすい


玄室


奥から外、細長い


5号
位置:34°34′43″N 135°38′55″E

右手小丘上に5,6号がある、河内平野が見渡せる絶好の場所、左手前の果樹園にも2基ある


上部が破壊露出した石室


6号
天井石が露出、内部は埋没


10号
5号下方の果樹園脇に開口、すぐ近くに巨岩が露出している


玄室


奥から外、右片袖式


11号
2号東側の急斜面に開口、周りにも幾つか古墳がある


小型ながら整った玄室、隙間に小石が充填されている


奥から外、僅かな幅の左片袖式、規模の割に羨道の幅が広い


12号
2号南側、石室開口部


玄室


奥から外、右片袖式


(見学記)

67支群2号
資料館のパンフに石室の写真があり徒歩10分とあるので見に行った。資料館から道を北東に行き突き当たりからフェンス沿いに行ってそのまま山道を行くと石室が顔を見せる。斜面に立地した横口式石槨墳で殆ど石室が露出しています。玄室部はかなり崩壊し側壁は右で2枚、左で1枚、天井石も1枚しか残っていない。その奥に石槨が見えている、内部は半分ほど埋まっているが凹字型の石の上に蓋石を乗せて四角い空間を作っているようだ。前面には閉塞石をはめ込む窪みもついている。それにしても天井石の巨石がオーバーハングしていて今にも転がり落ちそうで怖い。特に左側の側壁とは僅かな重なりしかなく側壁自体も外側が殆ど露出していてかなり危険、大地震でも来れば崩壊するんじゃないだろうか。

安堂6支群3号
資料館北側300m、住宅地はずれの第一公園内に石室が移築保存されています。石室と言っても奥壁と側壁片側の下部のみ、目を引くのは玄室床面に切石が16枚整然と並べられていること、石棺でも置かれていたのでしょうか。7C末の築造で殆ど最後と言ってもよい古墳です。側にある説明板によれば同じ公園内にいくつもの古墳があるようですが僅かな高まりがある程度です。
[ 2013年02月06日 10:13 ] カテゴリ:大阪府 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります