稲荷山古墳

山口県田布施町 2012年3月訪問

横穴式石室
位置:33°57′29″N 132°02′00″E

墳丘削られ石室前部も破壊


石室が社殿代わりに利用され入り口辺りもかなり改変されているもよう


開口部から玄室、右の立石も後世のだろうな


不自然な積み方の奥壁、石を積み直して祠を作ったのかも


側壁も何処までオリジナルでしょうか


天井は元のままか


奥から外


(見学記)

田布施町下田布施、後井古墳から東に下って行くとT字路がありそこを右に曲がって直ぐに案内表示があります。そこから上って直ぐに鳥居がありその奥にあります。墳丘は多少残っていますが大きく削られて石室開口、玄室が社殿として使われています。側壁天井石は元のままのようだけど奥壁は大きく改変中程が巌洞となっていてご神体が祀られています。奥壁に穴を開けたと言うよりは奥壁前に石を積み上げて巌洞を造ったような感じです。前回後井古墳を訪問した時この前の道路を通っているはずだが案内板が反対向きになっていて気がつかなかったようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR