古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  鳥取県  >  八頭町 >  米岡2号

米岡2号

鳥取県八頭町(旧郡家町)1996年3月訪問、2003年5月再訪

横穴式石室
線刻壁画
位置:35°24′11″N 134°13′16″E

すっかり露出した石室


石室横から、3枚の天井石の内中央の1枚がやや高くなる中高式


羨道、袖石を立てて玄室と区別


巨石を使った玄室、外見の割には良好


奥から外、線刻壁画は具体的な形が分からなかった


(見学記)

(1996年)
鳥取市との境近くの果樹園の上方に有ります(山の中をさまよっていると山の持ち主の方に会って案内してもらった,ラッキー)。平らな大型の石を使った石室が露出していて人物,木の葉模様等の線刻壁画が見えています。側の1号は全壊状態です。

(2003年)
別の石室残骸を1基見つけただけで肝心の2号墳は分からず。ここはよく知っている人に案内して貰わないと難しいようだ。
[ 2013年02月08日 13:33 ] カテゴリ:八頭町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR