古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  宮城県  >  名取市 >  飯野坂古墳群

飯野坂古墳群

宮城県名取市 1986年4月訪問、1987年1991年再訪

前方後方墳5,方墳2
全て現存、前方後方墳も1基を除いて規模がそろっている

分布図、丘陵北側に沿って分布


観音塚古墳
前方後方墳、TL63,R32,FW30,RH6,FH5

北側斜面に立地、いつ来ても殆ど墳丘は見えない


観音塚北方墳
方墳

2基の方墳中の1基


宮山古墳
前方後方墳、TL60,R30,FW20,RH3.5,FH1.7

前方部隅から後方部、群ほぼ中央、保存も良い


後方部正面


薬師堂古墳
前方後方墳、TL67,RL33,FW25,RH6,RH3.5
位置:38°09′20″N 140°53′12″E

群東端、林の中


山居古墳
前方後方墳、TL60,R30,FW30,RH5,FH2

前方部隅から後方部


後方部から前方部


山居北古墳
前方後方墳、TL40,R25,FW11,RH3,FH1
位置:38°09′32″N 140°52′52″E

群西端、他と比べてやや小型、形が一番よく分かる


前方部隅から後方部


(見学記)

雷神山古墳の北側の丘の北側崖際に5基の前方後方墳と2基の方墳が東南から北西に分布しています。全国的に見ても5基の前方後方墳が集中しているのは珍しいのではないでしょうか。

薬師堂古墳
全長67m群東南端。東側が御堂で少し削られている他は良く残っている

宮山古墳
全長60m墳丘は良く残っているが前方部は低くあまり目立たない。側に説明板有り。

山居古墳
全長60m墳丘は良く残っているが周りを道路で囲まれた少し高みにあるので上に登らないと確認しにくい。

観音塚古墳
全長62m山居古墳の北東斜面下方にある。墳丘は一部削られているが良く残っているが全体が雑木林に覆われ確認しにくい。側に2基の方墳がある。

山居北古墳
全長40m群西北端。松が多少生えている程度で墳形を確認しやすい。
[ 2013年02月12日 13:52 ] カテゴリ:名取市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR