古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  宮城県  >  仙台市 >  安久諏訪古墳

安久諏訪古墳

宮城県仙台市 1986年訪問2000年再訪

円墳、R15
横穴式石室、全長6.4m
石室を公園に移築保存
位置:38°11′37″N 140°53′03″E

石室正面、上は86年、下は00年、すっかり見にくくなり石材も動かされている


玄室、奥が羽子板状に広がる


両袖式、小さな柱状の袖石が立っている、玄門幅は50cm程度、果たしてここから入れたのだろうか


(見学記)

南仙台駅西方の公園の一角にあります。新幹線工事により石室を移築保存したもので発掘当時から石室の上部はなく下部部分のみが残っていますが膨らみのある玄室,玄門,羨道と平面形は良く残っています。雑草が茂ってきて荒れて来つつある状況です
[ 2013年02月13日 10:42 ] カテゴリ:仙台市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR