上野山古墳群

宮城県柴田町 1996年3月訪問

柴田・村田町に跨る314基からなる

1号
横穴式石室
位置:38°04′02″N 140°45′22″E

玄室、奥壁は1枚、側壁は平石積み


玄室上から、胴張りの様子がよく分かる


玄室上横から、天井石は玄門上の1枚しか残っていない


両袖式、羨道は埋没、柱状の袖石が印象的


(見学記)

柴田町と村田町の境界辺りで,太陽の村のある丘陵の南側斜面に分布していて横穴石室を主体とする円墳群です。ただし石室は一部が見えている程度です(全部を見たわけではないですが)。送電線鉄塔直下西側で石室が見えています。天井石はないですが玄室,玄門の構造が良く保存されています。昨年の分布調査で314基の古墳が確認されたそうですが現在行って見ると雑木林や薮の中でどのように確認したのか大変知りたいですね。(ちなみに私は20基程度しか見つけることが出来なかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR