古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  京都府  >  京丹後市 >  片山古墳

片山古墳

京都府京丹後市(旧丹後町)1999年4月訪問

横穴式石室、玄室長6.55,幅2.5,高1.8m
位置:35°44′15″N 135°06′51″E

左手前が羨道(内部は埋没)近くに長持形石棺のある産土山古墳がある(石棺は埋戻し)


右側が羨道、奥の天井石は家形に加工、石材も他と違い砂岩を使用


玄室、半ば埋没、奥の天井石下面も平らに加工されている


(見学記)

産土山から案内板がありそれに従って行きます。墳丘はなく横穴石室が露出、羨道部は埋まっていますが玄室奥壁側から中を覗くことができます。内部も多少埋まっていますが玄室長6.5m、幅2.5mと結構大きい。最大の特徴は玄室天井石の内、奥の2枚が他の石材と異なり砂礫岩製で特に奥側のは大きく上が家形に加工されていて(現状見た感じではコッペパンのようにふっくらと盛り上がった感じ)底面も丁寧に平面に加工されています。町史跡。
[ 2013年02月17日 10:30 ] カテゴリ:京丹後市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR