古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  京都府  >  向日市 >  寺戸大塚古墳

寺戸大塚古墳

京都府向日市 1999年4月訪問

前方後円墳、TL98,R57,RH9.8,FW45、4C
位置:34°57′09″N 135°41′28″E

竹藪の中の後円部、前方部は消滅


(見学記)

市役所北西1.2km第6向陽小から竹林公園に行く途中の竹林の中にある全長98m、後円部径57m、高9.8mの前方後円墳です。前方部は消滅していますが背の高い後円部が残っています。竹が密生していてちょっと見にくい。ここから椿井大塚山古墳と同笵鏡の三角縁神獣鏡が出土しています。写真を撮っていたら地元の方から竹林を撮っているのですかと声をかけられた。古墳を撮っているんですと言ったらなんだか珍奇なものでも見るような目つきをされた。まあ、私自身も”珍”とは思うが”奇”とまでは思われたくないけどね。
[ 2013年02月17日 10:54 ] カテゴリ:向日市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR