金広山古墳群

広島県安芸高田市(旧吉田町)1998年4月訪問

谷入り口の尾根斜面に14基密集
(番号は仮称)

1号
横穴式石室
位置:34°38′57″N 132°39′13″E

墳丘


石室開口部


玄室、かなり小さい


奥から外、両袖式


2号
墳丘、まわりにも幾つも墳丘が密集


石室開口部


玄室、中央部が高くなるドーム状天井


奥から外、左片袖式、右側壁にも袖石が立つ


(見学記)

中馬古墳群の丘を越えた南西800m東向きの谷の出口北側丘陵先端に位置する12基からなる古墳群で10基程確認できました。墳丘の残りも比較的よく,内2基で小型の横穴石室が開口しています。共に左片袖式で袖に石を立て縦方向のドーム状とこの地方によくある構造をしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR