古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  広島県  >  福山市 >  粟塚古墳群

粟塚古墳群

広島県福山市(旧駅家町)2007年3月訪問

8基中、6基現存、5基を公園として保存

分布図:緑色が発掘範囲


発掘当時の写真:(共に説明板より)


1号
横穴式石室、玄室長4,幅2,高2m(凡そ)
位置:34°34′01″N 133°20′11″E

公園の外にある、墳丘はかなり流失


石室正面、羨道は殆ど壊失、1枚残った天井石が巨大


玄室、奥の天井石が落下している


奥壁は巨石を据えている


奥から外


3号
円墳、R21,H2.5、4C

最大の円墳、粘土槨を持つそうだ


5号
円墳、R8
横穴式石室、全長3.4m、玄室幅0.9,高1.05m

上部を失った石室


石室正面


6号
円墳、R6.4
横穴式石室、全長3.63m、玄室幅0.8,高0.96m

復元墳丘


石室正面、天井石が1枚残る


奥壁辺り


7号
円墳、R6
横穴式石室、全長2.1m、玄室幅1.0,高0.95m

復元墳丘、後方が3号


上部を失った石室


石室横上より


8号
円墳、R5.2
横穴式石室、全長1.7m、玄室長1.0,幅0.74m

石室は埋戻し


(見学記)

福山北産業団地東端にある古墳群で8基中6基が現存しています。団地造成に伴い発掘が行われ5基が粟塚古墳の丘公園として復元保存されています。古墳のすぐ側まで車で行けますが駐車スペースが狭いので前の道路に止めて歩いて行った方がいいかも(すぐ前の工業団地区画は工場が全く進出していない)。最大の3号墳は周溝や墳丘の一部が発掘されただけで本体はそのまま保存、粘土槨があるそうだ。周溝にも突出部がありますが現状ではその表示はない。周辺の5,6,7,8号は石室基部だけ残っていて周溝や墳丘の一部を復元して展示されています。説明板を見て緑色の部分が保存されていて最大の3号墳は殆ど削平かと思ったが見てみると全くそんなことはない。よく見たら緑色の部分は発掘場所でした。と言うことは説明板に載っている1号も存在するんだと思って公園の外側に出たらちゃんとありました。それも一番大きな石室でラッキー。石室は羨道は殆どか遺失しているようで現存長4m程、一番奥の天井石も玄室内に落下していますが残った1枚の天井石はかなりの巨石、奥壁も巨石の鏡石を据えています。公園南側の2号は痕跡程度のようだ。
この公園内には他にも狼塚2号、正福寺裏山1号が移築されています。狼塚2号は全長5.4mの横穴式石室で神辺町大坊古墳の1/2の大きさで設計されているそうです。入り口に柵があって中には入れませんがちょっと中途半端、子供だと中に入れそうだ(子供だけがここに来るとは思えないが)。正福寺裏山1号は長さ2.6mの竪穴式石室、暗渠排水溝があるのが珍しい。ただこの排水溝が急斜面に設置されているので石室といっしょに撮れないんだよね。
[ 2013年02月21日 10:35 ] カテゴリ:福山市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR