永松古墳

広島県福山市 2009年3月訪問

円墳、R10
横穴式石室、全長6.2m、玄室長3.5m
位置:34°27′09″N 133°14′28″E

丘陵斜面に立地、比較的墳丘が残っている


石室正面、羨道は殆ど壊失


胴張りの玄室


特に左側が膨らむ


雑然とした感じの奥壁


奥から外


羨道側壁、石の積み方が少し違うような


墳丘背後から、この巨石はなんだろう


(見学記)

東村町、南側から行くと高速道路高架下をくぐる手前に案内表示があります。そこから山道を20m程登ると斜面に墳丘があります。北西向きに開口した石室は羨道はかなり壊失しているが玄室完存、無袖胴張りだが左側に袖石らしい石がある。左側側壁もかなり湾曲して奥壁に繋がる。奥壁鏡石も下部が出っ張っていて加工度が悪い。墳丘背後にも巨石があるが石室用に運んできたんだろうか、墳丘ももっと大きかっただろうから封土の中に埋め込んだのかな。市史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR