古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  広島県  >  福山市 >  大佐山古墳群

大佐山古墳群

広島県福山市(旧新市町)1996年4月訪問、2009年3月再訪

(1996年)

横穴石室墳5基

1号(大佐山白塚古墳)
方墳?、L12,H4
横穴式石室
位置:34°33′34″N 133°17′53″E

石室正面


羨道、石室中央辺りで柱状の石を立てて区別


切石巨石を使った玄室


奥から外


3号


小型の割りに整った玄室


4号


こちらも奥壁は1枚石


5号


(2009年)
横穴石室墳7基

遠望:南側麓から、1号は見えてないけど5号辺りかな


1号(大佐山白塚古墳)
南側から見た墳丘、右下に2号が開口


西側(左)が大きく削られた墳丘


石室正面


羨道からして巨石


角柱状の石材を使った玄門


巨石玄室、奥壁は1枚石、石材の組み合わせも見事


奥から外、両袖式、林が切り払われ見通しがよくなった


墳丘背後から


1号から見た古墳群、右側尾根筋に3-5号、その左側斜面に6,7号がある


2号
1号脇に開口


開口部正面


石室内部


側壁の組み方も見事


奥壁は1枚石、表面を見事に平らにしている


奥から外


3号
露出した天井石、左奥に2号


石室正面


天井石背後から


石室内部


奥壁は1枚石、側壁や天井石も表面が平らになっている


奥から外


4号
露出した石室


天井石背後から


石室正面、遠方に1号


3号と似た石室


ここも平面処理されている


5号
露出した石室、遠方に4号


内部は殆ど埋没


側面


6号
斜面に天井石2枚露出、他と違って自然石のまま


石室正面


石室内部


奥壁は3枚、組み合わせは見事だけど他と比べてやや加工度が粗いか


7号
天井石が露出しているのみ


(見学記)

(1996年)
ゴルフ練習場のあるため池の北側の山道(側の廃車が目印)を登っていき途中の分岐を左に行くと山頂近くにあります(私は右に行ってしばらくさまよってしまった、徒歩20分。また山頂近くは獣道に近いので注意)。白塚古墳の手前で3基の石室が露出しています。墳丘もよく残っていて切石の巨石を使った石室はかなり大きく玄室長7.5mあります。玄室側壁に石柱があって玄室を前後に区画しています。県史跡

(2009年)
草刈りされて見やすくなったようなので再度訪問してみました。上まで車で行けると言うのもその理由の一つですが結局登る道が分からず以前通った道を登る羽目になってしまった。ため池を使ったゴルフ練習場北側に案内表示があり以前迷った分かれ道にも案内がありましたがそこから上に行くほど藪がひどくて道が消えかけている。4月でこの状態だから冬場以外は通るのは難しそう。今更こんな道を通っていく人もいないと思いますが。それはともかく上に行くと藪がすっかり刈り取られ斜面に3-5号の石室が露出していて見学しやすくなっている。更に2号は1号と接しているというか墳丘の中に間借りしている感じ。前回の写真を見直してみると2号は見つけてないようだ。当時の藪の中じゃまず分からなかっただろうな。そして1号の大佐山白塚は以前は墳丘がよく分かりませんでしたが今はよく見えています。良好だと思っていた墳丘は西側が大きく削平されているんですね。石室が現状の墳丘の西側に偏ってあるように見えてます。林が伐採されて南側の眺めがすっかりよくなっていて遠くの平野までよく見えています。更に新しく加わった6,7号の石室があります。当時の資料では石室5基からなる古墳群とあるからこれは未発見だった模様。かなり小型で斜面に構築されているし天井石も未加工など他とはちょっと違うようだ。下に降りてから車での登り道らしきのがあったけど道はかなり狭いようだ。
[ 2013年02月21日 11:00 ] カテゴリ:福山市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR