小松古墳

広島県東広島市(旧福富町)1996年4月訪問、2022年11月再訪

円墳、R16,H3
 横穴式石室、全長8.5m,玄室長4.8,幅1.95,高1.82m
 位置:34°32′39″N,132°47′09″E (日本測地系)
    34.547412,132.783301(世界測地系)
(2022年)
駐車場所より見た墳丘


尾根筋よりやや南側に立地、多分96年7枚目と同じアングル


墳丘上の樹木がだいぶ成長、96年8枚目と同じアングル


開口部もよく見えなくなっている、崩壊した羨道側壁石材はなくなっていた


玄室は植物の侵入もなく変わりなし


〃縦位置


縦長の石を2枚並べる、近くの宮ヶ迫古墳と似ている


奥から外、右片袖式、まぐさ石と袖石が分離している


〃縦位置


もう形式的な袖石


小松古墳の表示版があったけど小松西第7号古墳のもありました


(1996年)
(プリントをスマホでデジタルスキャン)
古墳手前まで削られていた


墳丘石室正面、この時は墳丘上は殆ど木が生えていない


玄室、奥壁


奥から外、羨道側壁崩壊


奥から右


奥から左




墳丘背後から


見学記
(2022年)
安佐北区白木町大字小越、民家裏に大きな墳丘があり南側に開口しています、前は急傾斜なので羨道は元々短そう。大型玄室完存、奥壁はほぼ1枚石の巨石ですが上辺が不定形で小さい平井市を詰めています。玄門は一応両袖式ですが左袖は小さく形式的、右側は羨道側壁の厚みをそのまま袖にしています。天井石の1枚に大きなヒビがはいっています。背後の老人福祉施設に3号がありますが新型コロナのおりなので遠慮しました、普段見学できるかどうかもわかりませんが。西側を走る県道328号から脇道に入る辺りに駐車スペースあり。因みにこの県道北から通ってきましたが峠付近で狭いくねくね道、しかもそれまで広かった道が突然狭くなる、もう対向車が来ないことを祈りながら走りました。

(1996年)
国道375号線沿い民家の裏にあって墳丘,石室とも良く残っています。石室長8.5m玄室長4.8mあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示